スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ものつくりのセンス

 同じ物を違うプログラマに作らせたら、ほぼ100%ソースコードは違ってくる。
何故なのでしょうか?

 それはソースコードが芸術作品であるからだと、私は思っています。

 絵画を例にしてみると、上手い人もいれば、下手な人もいる。
下手な人同士でも違う絵を書くし、上手い人同士もそうです。

 『ハッカーと画家』で良いデザインについて次のように語られています。
良いデザインは単純である。
良いデザインは永遠である。
良いデザインは正しい問題を解決する。
良いデザインは想像力を喚起する。
良いデザインはしばしばちょっと滑稽だ。
良いデザインをするのは難しい。
良いデザインは簡単に見える。
良いデザインは対称性を使う。
良いデザインは自然に似る。
良いデザインは再デザインだ。
良いデザインは模倣する。
良いデザインはしばしば奇妙だ。
良いデザインは集団で生起する。
良いデザインはしばしば大胆だ。

Paul Graham(川合 史郎)『ハッカーと画家 コンピュータ時代の創造者たち』オーム社、2005年、第9章


 コーディングも芸術作品を作っていると意識すると、また違ったものになるのではないでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢追

Author:夢追
芸術プログラミングの世界へようこそ

検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリースペース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。