スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

35歳定年説

一人前になる前に技術の第一線から退いてしまい、新たな技術を学ぶのをやめたり、創造する活動をやめたりしてしまう人が多いのではないでしょうか。

柴田芳樹『プログラマー現役続行』技術評論社、2007年、第1章

 一人前のプログラマになるには一生懸命に努力して10年を要するといわれています。
大卒で22歳、ここから10年で32歳、死に物狂いで勉強できますか?

 殆どの一流といわれる人は、天才ではなく、努力の積み重ねで築いた地位です。
しかし、彼らは、努力を努力と思っていないのでしょう。
新しい技術を習得するのが楽しくて仕方ないのです。

 では、どうしたら新しい技術を習得するのが楽しくなるのでしょうか?
それに、まず基本的な技術をしっかりマスターすることでしょう。
いきなり新しい技術を得ようとしても、理解できないことばかりで面白くありません。
基本的なことが分かっていれば、理解できるものが多くなり、創造を刺激して楽しくなります。
上辺だけの技術ではなく、しっかりとした基本技術を身につけましょう。

 厳しい言い方をすれば、
 「Love It or Leave It」 (情熱を持ちなさい、さもなければ、去りなさい)

苦しい思いを定年までするより、新しい道を探した方が得策だと思います。
スポンサーサイト

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢追

Author:夢追
芸術プログラミングの世界へようこそ

検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリースペース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。