スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アセンブリのすすめ

 コンピュータはなぜ動くのでしょうか?

 高級言語しかやってこなかったプログラマの解答は、「プログラミングでCUPに命令することによって動く」などでしょう。
しかし、求めている解答は、もっと低レベルでCUPに命令している動作を説明できるかなのです。
要するに、「あなたはアセンブリレベルでプログラムを理解していますか?」ということなのでしょう。

 何故このようなことを聞くのでしょうか?

 今の時代、高級言語ができれば仕事はできます。
よく考えてみてください。高級言語プログラマにとってアセンブリはブラックボックスです。
そのブラックボックス部分が技術者として気になりませんか?

 そのブラックボックスを知ってどうするのでしょう?

 これは基本的な技術になるので高級言語を勉強していくときに理解が深まります。
例えば、配列のサイズを動的に確保できない言語仕様があったとします。
これをただ「そんなもんなんだ!」と思うのと、スタックをアセンブリレベルで知っているので「当たり前」と解釈するのは全然違います。
 特に原因不明のバグを解決するには、低レベルな技術は必要不可欠ではないでしょうか。

 アセンブリが書けなくても読めるようになるだけで理解力が全然違います。

次に紹介する本は、アセンブリができるようになるための本ではありませんが、
CPU、メモリ、I/Oを紙上ではありますが線で結んで結線し、CPUの動作メカニズムを知ることができます。

矢沢久雄『コンピュータはなぜ動くのか 知っておきたいハードウエア&ソフトウエアの基礎知識』日経BP社、2003年

スポンサーサイト

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢追

Author:夢追
芸術プログラミングの世界へようこそ

検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリースペース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。