スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナノパーセント日をもちいた見積り


プロジェクトを見積もるとき、
ゼロパーセントではないが、かぎりなくゼロに近いプロジェクトの終了日のことを、
ナノパーセント日」と呼ぶ。

トム・デマルコ『ゆとりの法則 - 誰も書かなかったプロジェクト管理の誤解』日経BP社、2001年


 この1節を読んで、実際に調査をしてみた。次の図を見てほしい。
所要時間(発生確率)
 この図は、『ゆとりの法則』で紹介されているものを似た曲線を描くように数値化
して作成したものです。
プロジェクトの完了日を予測したもので、徐々に確率が高くなり、最終的にゼロに
なる状況を示したものです。
その確率が最初に現れる日を「ナノパーセント日」というわけです。
 まず初めに実際にナノパーセント日を経験則で実際に見積もるわけですが、
以下の条件として見積りを行いました。
・仕様変更による影響は考えない
・実装+ホワイトボックステスト(ユニットテスト)+デバッグまでを見積もる
・実装は中級のプログラマを想定する。
・適度なタスクに分解し、それぞれを日数(1日にできる作業は5時間程度)で見積もる

 この条件で算出した日数を「ナノパーセント見積り」と私は言っています。
実際にはこの日数ではプロジェクトは完了しないわけで、実際のプロジェクト完了日との
関係をいくつものプロジェクトで調べてみると不思議な現象が分かった。
それは、どのプロジェクトも
「ナノパーセント見積り」×1.7=「プロジェクトの完了日」
となるのです。(若干の誤差はあります)
「ナノパーセント見積り」を私が行ったからなのかと思い、別の人(中級レベルのプログラマ)にも
試してもらうと、やはり同じ結果で約1.7倍になり個人差がありませんでした。
残念ながら他社にお願いができなかったので、会社によって違うかもしれません。
恐らく、同じ会社であれば外的影響(仕様変更の量、プログラミング以外の業務など)が
似ているからかもしれません。

最初に紹介した図を累積表示に変えた次の図を見てほしい。
所要時間(発生確率累積)
 私が作成した図によると確率が50%になるのは2倍の位置だが、1.7倍は確率30%である。
実際はもう少しカーブの頂点が左に来るのかもしれない。
見積りの確率としては、不確実性コーンというのがあるが、またの機会にお話ししたい。
スポンサーサイト

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

夢追

Author:夢追
芸術プログラミングの世界へようこそ

検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリースペース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。