スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目標管理制度の崩壊

 目標管理制度がうまくいっている企業は存在するのでしょうか?
私の会社では半年に一度、目標を設定し、それを評価に結び付けるのですが、
半年後の目標って何なのでしょうか?
・△□アプリケーションを○月○日迄にリリースする?(そんな正確な見積もりできるのか)
・△□言語を取得する?(どのレベルまで)
・コードを3万行叩く(バカバカしい)
※具体的に数値で測れるように指示されます。
 半年前に立てた目標を何が何でも達成することが大切なのでしょうか?
環境は刻々と変化しています。その変化に柔軟に対応できることが、企業にとって利益になるのではないでしょうか。
 評価をしたいのであれば、部下のスキルを判別できる上司を雇えばいい。
社員のモチベーションを上げたければ、大きな夢を与えたら良いのではないでしょうか?

 次の文章を紹介します。
目標管理に対するデミングのアドバイスは、「目標管理はやめろ」である。

トム・デマルコ(伊豆原弓)『ゆとりの法則 誰も書かなかったプロジェクト管理の誤解』日経BP社、2001年、第18章

目標管理に違和感を感じる私には救われる言葉です。
ただ、目標管理に替わるものが何なのかは、未だに分かりません。
スポンサーサイト

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

素直なだけ

伸びる人の特徴
まずは素直にやってみること
 伸びる権利を持っている人には、共通の特徴があります。素直にひたすら努力することです。自分にとって未知のもの、未知の考え方であっても、まずは素直にやってみる。まずやってみて、躓(つまづ)くところについて考えていくといった、「素直にひたすら努力する人」です。

荒井玲子『ソフトウェア開発で伸びる人、伸びない人』技術評論社、2006年、第3章


 コードレビューしていると、頑なに修正するのを拒み、言い訳ばかりする人がいます。教える立場から見れば、非常に勿体ないことです。拒むためにそれ以上のことを教えても無駄だと判断してしまいます。

 素直な人もだいぶ増えてきたと感じています。ただ、言ったその場は良いのですが、日が経つと、何もなかったかのように、聞き流しているようです。
素直だけでは駄目で、ひたすら努力することが必要なのではないでしょうか。

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

インプットはどこで


一流の人はみな、労働時間内で最高のアウトプットを心がけていますから、業務時間外にインプットし、仕事中には成果を出すことに専念します。こういう人はいわば「費用対効果」がいい人なのです。

増永寛之『仕事頭がよくなるアウトプット勉強法』サンマーク出版、2009年、第1章


 「仕事で技術を教えてもらう。」確かに新入社員であれば、いたしかたないかもしれませが、彼らは早く仕事ができるようになるため、熱意やモチベーションが高いので、言わなくても業務時間外に必死に勉強インプット)をしているから仕方ないと思います。
 しかし、教えてもらうことに慣れてくると業務時間外での勉強(インプット)はなくなり、分からなければ聞けばいいと履き違えた考えを持つようになってしまいます。

 業務では一刻を争う場なので、分からなければ聞くのは、当たり前の行動ですが、果たしてそれで一流と言える人材になれるでしょうか?
 確かに教えてもらうことも重要です。しかしそればかりでは、未知の世界を自分で切り開くことは一生できません。

 特にプログラマであれば技術の進歩はとても早い職種です。現役を引退するまで勉強(インプット)をやり続ける覚悟が必要です。さもなければ、プログラマを引退した方が身のためだと考えます。

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

これこそ管理だ

管理者の役割は、人を働かせることにあるのではなくて、人を働く気にさせることである。

トム・デマルコ『ピープルウエア 第2版』日経BP社、2001年、第6章


先日のブログで書いた「うちの会社だけ?」にも関連するのですが、
管理者の目線からみれば、あの子は「やる気がないな!」、「熱意が感じられない」と
思い当たる部下がたくさんいます。
管理者は、モチベーションが下がっている部下を放置し厳しく査定するのではなく、
動機づけする役割があるのではないでしょうか?

大きな夢を語り合い、その夢を実現するのは困難かもしれませんが、
その夢に向けて一日一日と努力し、仕事で成果をだしていくことに喜びを持つことが、
将来、人生を振り返ったとき、例え夢が実現しないとしても、どれだけ幸せだろうか。

テーマ : パソコンな日々
ジャンル : コンピュータ

うちの会社だけ?

 最近、よく思うのが、仕事に対しての 「熱意」 を感じる人が少ないと実感しています。
その分、与えられた仕事はキッチリとこなす。要領のよい人が多いのです。

 職場で教えられた知識だけでプログラマを5年もやっていると、
一通りのことはできるようになり、次は手の抜き方まで上手になってしまいます。

それでホントに良いのでしょうか?

 「自分ができること」、「自分にもできそうなこと」しかやらない。
その割には、「自分には良い仕事が回ってこない」と文句ばかり言う。
こんなことを定年まで続けて楽しいと思いますか?

 人間として生まれたからには、自分の持っている人間的能力を、
死ぬまでに発揮しつくすことが幸せではないでしょうか。

 仕事をしていくときに、何が一番大切かといえば、「熱意」 だと思います。
何としてもやり遂げたい、成功させたいと強い熱意をもてば、
半分は成功したも同然です。

 熱意は知恵や姿勢、取り組み方などあらゆるものを引き出してくれます。

 だから私は、「熱意」 を大いに評価したい。

 では、熱意を持つにはどうしたらよいのでしょうか?
私が思うには、大きな夢を持つことだと考えています。

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

夢追

Author:夢追
芸術プログラミングの世界へようこそ

検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリースペース
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。